会長挨拶


公益社団法人
広島県看護協会
会長 山本 恭子

公益社団法人広島県看護協会は、県内在住の保健師・助産師・看護師・准看護師が入会し、県民の健康と福祉の増進に寄与することを目的にして活動する職能団体です。

令和2年度通常総会における役員改選により、新体制でスタートしております。会員の皆様のこれまでと変わらぬご支援を賜り、役割を果たしていく所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

また、医療・介護の現場、地域などの最前線で、新型コロナウイルス感染症のケアや予防にあたっておられる看護職の皆さまに心から敬意を表するとともに、深く感謝申し上げます。
今後も、予断を許さない新型コロナウイルス感染症対策を継続し、看護専門職として知識と技を出し合い看護の底力を結集し、この困難を乗り越えていきましょう。

さて、広島県看護協会は今年度も、
1.「地域包括ケアの推進」2.「看護職の人材確保と定着推進」を重点事項とし事業に取り組みます。
また、働き方改革や地域包括ケアの推進など時代の動向を見据え、看護職が果たすべき役割を見極め、看護の専門性を発揮し、県民の健康な生活を支えるべく、今年度も会員の皆様からの様々なご意見をいただきながら、本会の事業を進めて参りますので、引き続きご支援・ご協力をお願い申し上げます。