災害支援ナース

 

災害支援ナースとは

公益社団法人日本看護協会の災害時支援ネットワークシステムに基づき本会に登録し、看護職能団体の一員として被災地に派遣される看護職をいう。

なお、日本看護協会の災害時支援ネットワークシステムは「災害時看護活動は看護職間の相互支援であり有志の活動である」ことを理念とし構築されたものである。

活動時期と派遣期間

災害発生後、3日以後~1ヶ月間を目安とし、1人の派遣期間は原則として、移動時間を含め3泊4日とする。

活動場所

原則として活動場所は被災した医療機関・社会福祉施設・福祉避難所を優先し、他組織から支援のない場合に限り避難所等で被災地の看護管理者等の指示に従い、災害時看護活動を行う。

災害支援ナースの要件

  1. 本会会員であること
  2. 原則として臨床経験5年以上の現職であること
  3. 本会が実施する災害支援ナース育成研修を修了していること
    (又は、相当する研修の修了者)
  4. 施設長の承諾を得ていること

身分保障

  1. 災害支援ナースの出発地から被災地間の往復を含めた行程中の事故補償(看護行為中の自損事故を含む)としては、施設から業務として派遣される(労災適応が可能なケース)場合を除き、日本看護協会と本会が保険加入する。
  2. 活動に係わる交通費(必要な場合は宿泊費を含む)を実費支給する。
災害支援ナースに関するお問い合わせ

広島県看護協会 事業部

〒730-0803
広島市中区広瀬北町9-2
TEL 082-503-2383  FAX 082-295-5361