広島県ナースセンター

ナースセンターとは

広島県ナースセンターは「看護師等の人材確保の促進に関する法律」
(1992(平成4)年6月26日法律第86号)に基づき、
広島県知事が広島県看護協会を指定(1993(平成5)年3月24日)しています。
ナースセンターでは広島県の看護職の確保対策として
事業の委託を受け実施しています。

看護職員無料職業紹介所
(厚生労働大臣の認可番号:34-ム-010004,許可年月日:昭和55年9月1日)

ナースセンターリーフレット

看護師等の届出制度のお知らせ

看護職員の人材確保の促進に関する法律の改正により、2015年10月から看護職の免許を持ち、現在仕事についていない方はナースセンターへの届け出が努力義務化されました。

厚労省 看護師等の届出制度についてはこちら

退職された方、退職予定の方は「とどけるん」に登録してください。

看護師等の届出サイト「とどけるん」

ナースセンターの事業紹介

求職相談・求人相談

就業相談・進学相談・ブランクがあり再就業を希望される方・看護に関する相談など、ナースセンターの看護職員が無料で相談に応じています。ぜひご利用ください。

求職者と求人施設にそれぞれ「eナースセンター(求職・求人サイト)」へ登録していただき、無料で職業紹介をしています。

求職相談・求人相談についてはこちら

復職支援研修

再就業が不安な方への技術研修や、病院や訪問看護ステーションでの実践研修を行っています。

復職支援研修についてはこちら

働き続けるための相談窓口

働き続けるために相談窓口も設置しています。
看護職員の働き続けられる職場づくりを支援します。

相談窓口はこちら

調査等

看護職員の職場環境づくりの調査等も実施しています。