生涯教育体系

広島県看護協会は、看護職がさまざまな場で多職種間の連携・協働を基に質の高い看護を提供し、ケアの受け手がよりよく生きるための支援を行うことを保証するために、新生涯教育体系を定め、充実した教育研修プログラムの企画、実施に努め、個々の看護職が専門職業人として主体的にキャリア開発を行うことを支援します。

教育理念

広島県看護協会は、看護職が専門職業人として能力の維持・向上を主体的に行う責務を果たし、人々の健康な生活の実現に寄与するため、キャリア段階に応じた継続教育を行う。

教育目的

  1. 地域のニーズに応じた看護職の役割発揮を支援する。
  2. 教育に携わる人々の能力育成を支援する。
  3. 看護管理者とこれから看護管理を担う人々の看護管理能力の向上を支援する。

成果

  1. 地域のニーズに応じた「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ看護職の役割を発揮できる看護職の育成
  2. 質の高い看護実践を支える看護教育者の育成
  3. 質の高い看護実践を支える看護管理者の育成

教育枠組み

[表1]専門職業人として看護者に必要な能力の全体像

教育枠組みに“専門職業人として看護者に必要な能力の全体像”を活用することにより、各自が看護実践において必要な能力の全体像を確認し、自身のキャリア開発に必要な教育プログラムを主体的に選択し学習することを支援します。

項 目 内  容
専門的・倫理的・法的実践 説明責任 自己の責任と能力を的確に認識し、実施した看護について個人としての責任を持つ。
倫理的実践 人間の生命、人間としての尊厳および権利を尊重し、看護者の倫理綱領に基づいて看護を実践する。
法的実践 医療法、保健師助産師看護師法に基づき、日本看護協会などのガイドラインに沿って実践を行う。
看護の提供とマネジメント 看護の主要原則 専門的知識に基づく判断を行い、系統的アプローチを通して個別的な実践を行う。
看護の提供 アセスメント 看護過程を展開するために必要な情報の収集・分析と健康問題の判断を行う。
計画 看護上の問題の明確化と解決のための方策を提示し、問題解決のための方法を選択する。
介入 利用者へのインフォームドコンセント、直接的看護方法・相談・教育を実施する。
評価 実施した看護の事実に即した記録作成、実施した看護の評価、計画の修正・再構成を行う。
コミュニケーションと
対人関係
対象となる人々に対して、適切なコミュニケーションと対人関係技術によって治療的関係を築く。
健康増進 すべての人々を対象として身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態に到達するために、個人や集団が自己の目標を確認・実現し、ニーズを満たし、環境を改善し、環境に対処できるよう援助する。







安全環境 対象となる人々へ安全な看護を提供し、人々が危機的状況にさらされているときは、保護し安全を確保する。
専門職種間の協働 他の看護者および保健医療福祉関係者とともに協働して看護を提供する。
委任と管理 他の看護者および保健医療福祉関係者に委譲する場合には、自己および相手の能力と実践可能範囲内の活動を正しく判断し、委任し管理する。
専門能力の開発 専門性の強化 研究や実践を通して、専門的知識・技術の創造と開発に努め、看護学の発展に寄与する。
質の向上 看護業務の質を評価する際に、妥当性のある根拠を用いて、質の向上のための取り組みに参加する。
継続教育 常に、個人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努める。

(資料) 日本看護協会編:平成17年度看護白書、日本看護協会出版会2005

[表2]研修領域

*印=委託による研修

領域 領域別研修
1 新人研修
基礎教育終了後から概ね1年までの新人看護職を対象とする研修

1)新人看護職員の看護実践に関する基本的な知識、技術、態度に関する研修

2)*新人ナース集合研修

3)*新人助産師集合研修

2 ジェネラリスト研修
地域のニーズに応じた看護職の役割発揮を支援する研修

1)臨床の課題解決を目的とした研修

(1)健やかに生まれ育つことへの支援

●安全で安心な妊娠・出産 ●母子保健体制の構築

(2)健康に暮らすことへの支援

●健康な生活習慣 ●疾病・事故の予防 ●健康なまちづくり

(3)緊急・重症な状態から回復することへの支援

●救命 ●苦痛の緩和 ●早期の回復 ●安全管理

(4)住み慣れた地域に戻ることへの支援

●早期リハビリテーション ●退院後の療養生活の調整

(5)疾病・障がいとともに暮らすことへの支援

●医療的判断と実施 ●重症化・重度化の予防
●看護・介護のマネジメント ●療養と就業の成立
●認知症などの人々の自立 ●尊厳を支える体制づくり

(6)穏やかな死を迎えることへの支援

●苦痛と不安の緩和 ●価値観を尊重した意思決定 ●尊厳の保持

2)看護専門職としての専門能力の開発に関する研修

●災害支援ナースの育成 ●フォローアップ研修
●訪問看護師の育成   ●看護研究に取り組む能力の育成
●リフレクション、ファシリテーション、リーダーシップ等

3)本会の重点事項等関連研修

●本会の重点事項の推進に関する研修

3 看護教育者研修
教育に携わる人々の能力育成を支援する研修

1)施設内教育担当者に関する研修

●プリセプター、教育委員等に関する研修 ●指導者の育成(救急蘇生、フィジカルアセスメント等) ●*実習指導者講習会

2)新人教育担当者に関する研修

●研修責任者・教育担当者・実地指導者フォローアップ研修
●*研修指導者研修(研修責任者・教育担当者・実地指導者)

4 スぺシャリスト研修
特定の分野・領域において専門性の高い看護実践を堤供する看護職を対象とする研修

(他教育機関において開催される専門看護師、認定看護師、特定行為に係る看護師の研修等)

●認定看護師研修会等

5 看護管理者研修
看護管理者とこれから看護管理を担う人々への看護管理能力向上を支援する研修

1)看護管理能力の向上を意図した研修

●専門的能力、対人的能力、概念化能力等に関する研修

2)認定看護管理者教育課程

●ファースト/セカンド/サードレベル
●セカンドレベル修了者フォローアップ研修

6 受託研修等
1)看護職能団体としての研修等
看護職能団体としての諸課題を追求し、看護職能としての機能性を高めるための研修等

(1)職能研究会

(2)准看護師研修会

(3)組織強化研修(看護管理者研究会、施設代表者研修会)等

2)受託・共催研修
行政等からの受託または共催による研修

(1)養成の充実・強化に関する研修

●*専任教員継続研修 ●*実習指導者講習会(再掲)等

(2)離職防止に関する研修

●*研修指導者研修(研修責任者、教育担当者、実地指導者)(再掲)等
●*新人看護職員集合研修(新人ナース、新人助産師)(再掲)等

[表3]研修段階

研修段階は、新人研修、ジェネラリスト研修、看護教育者研修に活用する。

能力項目/段階 看護実践能力 組織的役割遂行能力 自己教育・研究能力
論理的な思考と正確な看護技術を基盤に、ケアの受け手のニーズに応じた看護を臨地で実践する能力 看護チームなどの最小組織から看護部、医療施設、地域、国内での看護職能団体の中での役割遂行能力 技術専門職としての自己の技能を高め、さらに看護への科学的追求を行う能力
基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する。 責任の最も軽い、難易度の最も低い、軽微な組織の役割を果たす。看護チームでは、フォロアーやチームメンバーの役割、看護単位での係としては簡単なルーティンの係の役割を遂行できる。 自己の課題を指導によって発見し、自主的な学習に取り組むことができる。
標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する。 組織の一員としての役割が理解でき、部署の目標達成に向けて、基準や手順を順守した行動がとれる。
日々の看護業務においてリーダーシップがとれる。
自己の課題を明確化し、達成に向けた学習活動を展開できる。
ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する。 所属する職場で、組織的役割が遂行できる。
看護チームでは、チームリーダーやコーディネーターの役割、看護単位の係としては、創造的能力を要求される係の役割を遂行できる。
自己の学習活動に積極的に取り組むとともに、新人や看護学生に対する指導的な役割を実践することができる。
幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する。

所属する職場で、特殊なまたは専門的な能力を必要とされる役割、または指導的な役割を遂行できる。
看護単位の課題の明確化ができる。

自己のキャリア開発に関して目指す方向に主体的に取り組み、後輩のロールモデルになることができる。
より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する。 所属を超え、看護部や病院から求められる役割を遂行できる。
看護単位の課題に対し、具体的解決を図れる。

単独で専門領域や高度な看護技術等についての自己教育活動を展開することができる。
主となり研究活動を実践できる。
看護単位における教育的役割がとれる。

2019年度 教育計画作成の方針

  1. 継続教育の体系化を図り、看護職の生涯にわたるキャリア開発を支援する。
  2. 教育枠組み(「専門職業人として看護者に必要な能力の全体像」、「研修領域」、「研修段階」)を基に研修を企画する。
  3. 成人学習理論を踏まえた研修を企画する。
  4. 看護を取りまく時代的課題に対応できるよう柔軟に研修を企画する。
  5. 日本看護協会・関係機関および本会支部と連携し、本会の継続教育の充実を図る。